ichd

ICDL

「ICDL」とは世界標準のデジタルスキルフレームワークの名称です。

「ICDL」は、International Computer Driving Licenseの略で、ICT教育カリキュラムの提供と認定を行います。
カリキュラムにおけるフレームワークの種類は世界最多で、世界標準のITスキルを計ることができます。

生産性の向上、グローバル化はこれからの社会の必須条件です。

少子高齢化、省資源の我が国日本において、生産性の向上やグローバル化を目指すことは重要な課題です。
その中でもITスキルの習得、向上は必須条件となります。しかしながら、日本におけるIT環境は世界標準とは格差があります。
パソコン等のベースとなるシステムは世界統一のものとなります。そのためにもしっかりとしたITスキルを身に着けることは、仕事だけでなく、生活の中でも必要不可欠なものとなりつつあります。国家対策としても「IT庁」を創設するなど、その方向に進んでいます。

KJK(一般社団法人専門職教育情報機構)は、「ICDL」の日本初の公認認定・テスト機関に指定されています。

KJKは、ICDLの Accredited Test Centre(ATC)=公認認定・テスト機関として日本で初めて指定されました。 世界140カ国で採択されているICDLの日本での認定機関として初めてKJKが指定され、東南アジア諸国においても1カ国を除きすべての国で採択されています。

来日外国人にも有効な資格

ICDLは世界の標準となっているため、日本に滞在する外国人にも有効な資格となっています。
欧州など一部の国においては、ICDLの資格がないと就職の面接も受けられないほどの資格に位置付けられており、日本に滞在する外国人が母国で就職などの際に有利な資格となっています。実際、現在日本国内での受講者数は日本人よりも外国人の方が多くなっていることは、この資格の人気の高さが伺えます。

デジタルスキルが誰に、なぜ必要なのか

インターネットやデジタル社会が驚愕的なスピードで進化する中、企業だけではなく、一般家庭の様々な場面にまで浸透しています。
これらのIT技術は全世界を標準としており、技術の多様化や生産性の向上にはなくてはならない重要なものです。
反面、リスクも高く、また、IT知識の欠如により非効率な生産性を招いていることもあります。
日本のIT技術を進歩させるために、先ずは現状を理解することから始めることも必要です。

ITテクノロジー どこまで使いこなせているの

ほとんどの人は、「自分はパソコンを使うのに必要なスキルは持っている」と信じています。
しかし、ICDLが各テストセンターから調査協力を得て、分析した結果が右のグラフです。
85%の人が「できる」と回答し、実際テストをうけたら合格率34%
88.5%の人が「できる」と回答し、実際テストを受けたら合格率55%
若い世代(20代)だけをみても大体同じ結果になっています。

ICDLとは

ICDLは、世界標準のデジタルスキルフレームワークの名称です。(ICT教育カリキュラムと認定)
・22年の歴史
・100か国以上の採択実績
・テストセンターを2万ケ所以上設置
・年間16百万人以上の受験者
・年間試験数2.5百万回以上実施
・33機関からのエンドースメント

ICDLとDigComp

•ICDLはステークホルダーの一員としてDigCompの開発、改定に初期段階から深くかかわっています。
※DigCompはデジタルスキルの定義集です。
ICDLはDigCompの内容を具体化し、「学習教材」「能力証明」をテストセンター(ATC)を通じて学習者に提供しています。

体系的に学ぶというメリット

デジタルスキル+デジタルマインド=DXの成功
リテラシーとしてのデジタルスキルを組織全員が身に着ければ、生産性(業務効率)が上がります。
組織に、デジタルスキルの基準を設けることでヒトの能力評価を平準化できます。
デジタルスキルを身に着けることでDX推進への理解が深まります。

生産性向上とは?

パソコン作業していると「あれ?これどうやるんだっけ?これをこうしたいんだけど。」と調べたり聞いたりする時間は、週に151分かけていました。たった一つの科目を勉強し試験合格したのちは、26分短縮されたという事例もあります。

受講できるモジュール

各モヂュール = e-books(教材) + 確認テスト + 認定試験

受講と学習の方法

受講方法は2つあります。
(1)個人受講・・・原則、オンラインによる学習、試験になります。
(2)会場受講・・・貸会場、企業等内で開催される講習に通学(一部通信)して受講します。
(3)学校での開放講座・・・会員校の学校で実施される講座に参加します。(通学及び通信)開設校については下記よりご確認ください。

学習の流れ

個人受講:Web学習

「e-books」による自己学習 → 演習課題 → 認定試験

会場・学校での受講:面接授業+Web学習

面接授業による学習 → 演習課題(Web) → 認定試験(Web)

受講料(税込価格)

・1モジュール ・・・ 5,500円
・2モジュールパック ・・・ 8,800円
・3モジュールパック ・・・ 12,100円
・4モジュールパック ・・・ 14,300円
・5モジュールパック ・・・ 16,500円
※指定の学校で受講した場合は、割引があります。詳しくは各学校の要項をご参照ください。

お問い合わせ・お申込み方法等

お問い合わせ・お申し込みは下記よりアクセスしてください。

三重県デジタルものづくり推進拠点「サポーティングパートナーズ」登録機関

本法人は、三重県デジタルものづくり推進拠点として「サポーティングパートナーズ」に登録されています。
同県内のものづくり企業のデジタルトランスフォーメーションを推進・支援します。
ICDLを当該企業に無償で提供し、生産性向上に寄与していきます。