地図から探す
北海道
東北
関東
北陸
信越
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄

会員校は全て厚生労働省
又は文部科学省認可の
介護福祉士養成施設・学校です。

事務システム E−レポートE−レポートフェイスブック

TOP > 今、介護福祉士が求められています。

今、介護福祉が求められています。

急速に進む日本の高齢化社会の中で、介護支援の在り方は
将来の社会そのものの在り方に大きな影響を与えます。
その介護支援者の中でも中核的な役割を担う「介護福祉士」への期待はより大きなものとなっています。

介護福祉士が求められる理由。

4人に1人が高齢者という日本の社会は今後もますます加速を続け、超高齢化へと
向かっています。これを支えるため2015年までにさらに100万人以上の介護職員が必要と
されています。今後は施設から在宅介護、そして地域包括ケアへと国の方針が転換される中、
「介護福祉士」は在宅介護の中心的存在となることが求められており、
その可能性は大きく広がっています。

介護福祉士の仕事とは?

高齢者や障がいを持つ人たちに、入浴、排せつ、食事介護などの日常生活における
身体的介護を提供するほか、個々の健康・心理状態を把握・管理し、健康で人間らしい
生活を送るための支えとなることも求められています。「介護福祉士」が働く場は、
特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの施設介護、訪問介護、医療機関での
介助がありますが、地域型介護のまとめ役、終末期ケアの実践、要介護者の自立支援、
認知症ケアなど、今後活躍の場はますます広がっていくでしょう。